予定していた引越しをキャンセルすることに

急に予定していた日時に引越しができなくなってしまいキャンセルしなくてはなりません。決してないことではありませんよね。ところが、その旨を引っ越し業者さんに連絡したところ、法外なキャンセル料を請求されたということがあるようです。また、内金を払っているのに、返金されないこともあるようです。そういうことを言い出す業者さんは悪徳業者に決まっているのかもしれませんが。

 

トラック協会の運送約款ではキャンセルする場合、作業日の前々日までに連絡すれば無料と定義しているそうです。また内金を返金しないのはキャンセル料を取っているのと同じです。業者さんに取り合ってもらえない場合は、トラック協会に相談しましょう。トラック協会から返金を求めることもできます。業者さん選びの時に、その業者さんがちゃんとトラック協会に加盟しているかどうか確認しておけば確認しておけば心配はいらなでしょう。また消費者センターに相談するのも手です。

 

それでは、いくらまでが正当なキャンセル料なのでしょうか。引越し前日では、見積書の『届出運賃』の10%以内、当日のキャンセルなら20%以内だそうです。キャンセル料とは別に、予定していた日時をキャンセルして別の日程や見積もりを組んだ場合、『延期手数料』を請求されることがあります。

 

キャンセルする場合、できるだけ早めの連絡をすることが第一です。トラブルになりそうな時は、トラック協会や消費者センターなどに相談しましょう。次の単身引っ越し予定日に支障がないよう気をつけましょう。