まずは料金目安を知りましょう! 神奈川県内 横浜市−川崎市の場合

神奈川県内で引越しの予定があるのなら、まずは引越し業者の料金相場を知っておきましょう。

 

横浜市と川崎市間であれば、引越し先によってはほとんど市内と言っても良いような距離
ということもありますから、なんなら自力で!?引っ越そうとしている方も
いらっしゃるかと思います。

 

でも、自力引越しを予定している方も、一応は横浜⇔川崎間の業者価格の目安を押さえて
おきましょう。
なぜなら「友人や知り合いに手伝ってもらった方が高くつく!」ということだってあるからです。

 

一人暮らしの方であれば、神奈川県内なら時期とコツによっては1万円台の引越し料金で済んでしまうこともありますからね。

 

では横浜−川崎間の引越し業者価格の目安をご確認ください。ただし、この目安金額から、さらに安くすることが可能なことも頭に入れておいてください(そのやり方は後述いたします)。

  • 単身・一人暮らし  2万円から6万円
  • 夫婦などの2人暮らし家族世帯  3万円から9万円
  • お子さんのいる家族世帯  4万円から15万円
  • 大家族の場合  5万円から20万円

が一応の相場目安となります。
ただしこの価格は平均的なもので、実際にはその方や家族それぞれケース・バイ・ケースとなります。

 

 

引越し料金と運搬距離の密接な関係性

引越し業者の価格は、その運搬距離が長くなるほど料金が高くなるのが一般的です。
※目安としては30q〜50q遠くなるにつれて、1万円ほど加算されると考えておくと良いでしょう。
参考までに神奈川県内の各都市間の距離は以下の通りです。

横浜市⇔川崎市14.9km
川崎市⇔相模原市42.3km
小田原市⇔横浜市63.6km
平塚市⇔大和市30.6km
藤沢市⇔茅ヶ崎市9.2km
厚木市⇔箱根町37.5km
綾瀬市⇔三浦市59.4km
相模原市⇔南足柄市49.6km
鎌倉市⇔座間市41.6km
横須賀市⇔海老名市57.6km

 

引越し業者の価格には定価というものがありません。

 

たとえば引越す日が3月の月末の土曜日や日曜日であれば、
もっとも業者に仕事が殺到している時期であるために価格が高いです。

 

そういう時期的な価格の変動もあれば、

 

マンションや戸建ての状況が荷物を特殊な搬出・搬入方法が必要であったり、
また、業者のトラックを近くに駐車することが出来ずに
離れたところから荷物の搬出・搬入を行わなければならない場合だったり、
ピアノや貴重品が荷物に含まれていたり、、、などなどによって請求される料金は大きく変わってしまいます。

 

以上の理由から、
引越し料金の見積もりをきちんと取った方が、正確な料金を把握することができるのです。

 

とはいえ、一社一社電話をかけて見積もりを依頼するのは大変です!
そこで、インターネットから簡単に申し込みできる【無料一括見積もりサイト】
利用することをオススメ致します!!

 

横浜―川崎間の引越し料金はどのくらい?今すぐ知りたい!!
<< 無料一括見積もりサイト >>はコチラから!!→→→

 

 

 

横浜⇔川崎間の引越しの経験談

横浜市港北区から川崎市宮前区への引越し

2016年6月にマンション購入により、横浜市港北区から川崎市宮前区に転居しました。世帯は妻、子供3人の計5人家族、転居元から先へはいずれも3LDKで、占有面積は80平米あります。マンションの販売会社指定の業者が複数ありましたが、テレビやインターネットの口コミから、アート引越センターにお願いしました。最初は見積もりで、転居元に担当がいらっしゃり、荷物の量を計算します。当初は15万円程度の見積もりでしたが、土日は価格が上がるとのことでしたので、平日に引越しすることとし、さらに不用品は処分する前提で再見積もりをした結果、11万円まで落ちました。ダンボール50個、ガムテープ20本はサービスで付帯、当日のスタッフは3名でした。

 

大型家電である冷蔵庫、洗濯機、テレビや、書棚もマットで丁寧に梱包し、手早く搬出、また搬入時も、新居が痛まないように扱って頂きました。最終費用は、見積もり通りの11万円で追加料金はありませんでした。

 

これまで友人に手伝いとしてきてもらった引越しは何度かあららましたが、専門の引越し業者にお願いしたのは初めてでした。当初11万円でも高く感じていましたが、荷物の梱包、搬入、搬出の手際のよさや、家族も楽に引越しできたことを含めると、決して高くない費用だったと感じています。

川崎市麻生区から横浜市戸塚区への引越し

結婚することになり、一人暮らしの2DKのマンションからから3LDKのマンションに引っ越しました。時期は2014年4月の土曜日、神奈川県川崎市麻生区から同じ県内の横浜市戸塚区に引っ越しをしました。

 

利用した引っ越し業者はなにわ引っ越しセンターで、とにかく安さを重視していたので大手の引っ越し業者ではなく地元のお手頃な業者を選びました。

 

引っ越しの見積もり料金は25,000円、その他にエアコン工事10,000円(取外/4,000円、取付6,000円)がかかりました。時間指定なしのフリー便だったので、その分料金は通常に比べると安く利用できました。

 

当日はスタッフの方が2人で、30分足らずで荷物を載せてテキパキと運んで下さいました。その日は春の大嵐だったのですが段ボールや家具などが濡れないようにカバーを二重にかけるなど配慮してくれたので、大きなトラブルもなかったです。

 

大手の半額程度の料金で引っ越しができて大変満足しています。

 

目安料金から、更にお安く引越しを!【無料一括見積もりサイト】の魅力とは!?

【無料一括見積もりサイト】では、以下の手順を踏んで見積もりを依頼します。

 

<1>サイトにアクセス!
<2>見積もり依頼専用フォームに、郵便番号や住所、運ぶ予定の荷物等必要事項を入力!
<3>入力情報に間違いがないか確認!
<4>送信ボタンをクリック!
<5>後は業者からの電話かメールを待つだけ!

 

 

最大の特徴は、一度依頼をすると、約5〜10社の引越し業者から、
即日〜近日中に見積もりが送られてくる
ことです。
後は、その中から料金の安い業者、評判の良い業者を自分でチョイスすればOKです!!

 

 

【無料一括見積もりサイト】で横浜―川崎間の引越しをオトクにすませよう!

横浜市と川崎市、この2都市間でどこに引っ越そうとも、そう極端に料金が変わるわけでは
ありません。
「遠距離引越しに比べれば全然安く引越せるし、業者はCMでよく見る大手でいいや」と
安易に決めてしまうのは、少々リスクのある行為といえます。
CMをバンバン流せる大手業者であっても、いざネットで評判を調べて見ると、
酷評の嵐…ということもあるのです。

 

そう考えると、【無料一括見積もりサイト】に登録されている業者の中から、まずはある程度数を絞り込んだ上で、目星をつけた業者をよく調べ、
納得の上で決定した方が良いと思いますよ。

 

近距離でも遠距離でも、引越し料金が最大50%も安くなる可能性がありますからね。
本当にオススメです!!!一度ぜひ使ってみて下さい☆

 

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆。:・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆

横浜―川崎間のお得な引越しは【無料引越し見積もり】にお任せ!

早速利用してみよう♪♪

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆。:・★.。:*・☆.。:・★.。:*・☆

 

 

 

 

 

 

 

 

【コラム】横浜に住んでいた頃

 

今からおよそ30年近く前に横浜に住んでいました。といっても山下町や中華街や関内や伊勢佐木町があるような港町繁華街の方ではなく、田園都市線が走っている方ですが。その名の通り、昔は田園だったのでしょうね。blog (378)

 

 

 

とはいえ田園調布に家が建つ!なんていう昔の漫才のセリフがある通り、必ずしも田園が悪いということもないのかもしれません。というよりも良いとか悪いという考えがおかしいのですね^^;

 

 

 

 

 

その横浜に住んでいた頃はアパートやマンションに住んでいたわけではなくて、社員寮でした。わりと大きな社員寮で50人以上は住んでいたのかもしれません。その近所には元巨人の江川卓投手の自宅があるとか、、同僚が近所のスーパーに買い物に行ったら歌手の柏原芳恵がいたとか、やっぱり都会って凄いな〜なんて思ったものです。

 

 

 

大学を卒業して横浜に引越して住んで東京で働くというようなスタイルだったのですが、団塊の世代の集団就職ほどではないにしろ、当時は地元に仕事がなかったですから、多くの同級生も同じように東京や横浜、埼玉などに引越しをしました。社員寮のあたりは住み始めた頃は長閑な感じもあったのですが、時はバブルの入り口で、駅前はみるみるうちにビルが建ったりして風景が変わってゆきましたね。

 

 

 

横浜には4年ほど住んでいました。神奈川県民であったのですね。懐かしいな~と思い出しますが、あれから25年、もう横浜には行ったことがありません。東京にはたまに行くのですが、なかなか神奈川県にまでは足を伸ばせません。

 

 

 

考えてみると、鎌倉や湘南などの名所にも行かなかったので勿体ないことしたなと。いつでも行けると思うと行かないことになるのは、みんなそうみたいですね。

 

 

 

 

さて、自分の引越し経験からコツなんかを書いてみたいと思います。

 

 

 

運送する予定の荷物に関しては、どんなに煩わしくても念のためリストにまとめておいて確認するのが後でトラブルを回避する方法でございます。一般的にまっとうな引越し業者でしたら、最初に家具の傷などはそれぞれ調べておき双方が立会い確認します。

 

近頃はネットサービスを使用することによって、お手軽に引越し相場の平均価格を見ることが可能であります。引っ越しをお考え中の人は『オンライン引越し一括見積サイト』(無料)などといったものを活用するとベターです。大部分の業者の引っ越し料金には、割増料金且つオプション料金などといったものがプラスになるケースがあります。大体割増価格は、日・祝の休日割増では20%とされ、深夜・早朝などの時間外割増ではさらに3割高くなります。

 

少なくとも3社ほどから見積もりを取ることができたら世間の引越し相場についても知ることができますし、営業担当者さんの営業スタイルもあるため、値引き交渉次第で結構値下げしてもらえると想定されます。スケジュールを引っ越し業者の都合(空いている日など)に合わせるとか仏滅に合わせるなどにして、大部分の人が避けるスケジュール帯を選ぶだけで引っ越し料金を比較的安く下げる事ができるもの。

 

横浜−川崎間の安い引越し価格でやってくれる業者はココ!

仮にあなたが多数の専門業者に引越し見積もりを提示してもらったとしても、実際にお願いできるのはその中から一社に絞らなければなりません。ですから見積もりを依頼したどの引越し業者にもそれぞれに断わりの連絡がいることになります。

 

 

自身で全ての荷物をダンボールに入れる、荷物をとくスタイルは、引っ越しにかかる費用を下げられることもメリットとなりますが、沢山ある荷物を、それどころか生活環境に及ぶまでリフレッシュ可能な点が最も大きな利点でしょう。実のところちょっと日程を変えさえすれば、引っ越し料金に数千円を超える幅が出てくるということも珍しくありません。格安にて、また安心してちゃんと引越しをとり行なうためには3・9月の引っ越しが多いシーズンをあえて避けるのがベター。

 

 

引っ越しを高い料金で片付けてしまい、後になって苦い気分にならない為のたった一つの手法と言えるのは、引っ越し料金見積もりを依頼する際、多くの業者より取り寄せることに外なりません。通常引越し見積もりについては営業員が行うもので、当日やってくる作業スタッフはノータッチです。口約束の場合前もって現場に伝言が行き渡っていない事が避けられません。先に約束したことについては絶対に契約書に起こしてもらうように!

 

 

一般的に単身の方の引っ越し相場は、総体的に見ると約50000円くらい?なのですが、なるべく要らないものを捨てるようにしたり、転勤先で移転先ではじめから持っていかないなど、工夫することが大切です。

 

 

一般的に競合他社の引っ越し料金を伝えることで、割とスムーズに値下げ交渉に持ち込むことが出来てしまいますから、実際の引っ越し費用を相場に比べはるかに割安にすることが実現できますよ。通常引っ越し料金においては全体の荷物の数によって、トラックの大きさ且つ要する台数や作業担当者の人数を決め、実際の代金を計算します。普通、運送距離が増えれば加算されます。

 

 

実際に引っ越し業者からの見積もりを適当に一社位しかとらずに結果的に見て損する方が今なお多数存在します。いかなるサービスについても実際そうですけど、沢山の業者より見積もりを取る事は当たり前のことです。引っ越しを実行する状況は各々皆さん種々異なるものですが、共通項目として一番最初に取り組まなければならないポイントがあります。それは「引越し業者をイチ早く選ぼう!」という点。